メニューSSL証明書 - メニュー
【SSL証明書】資料/情報

 SSL証明書の種類について(認証方法別:DV・OV・EV)

認証方法で分類すると、SSL証明書には次の3種類(DV・OV・EV)があります。

DV(ドメイン認証)

ドメイン管理権限を確認することで発行されるSSL証明書です。

組織情報の確認や、認証局からのお電話を受けることなくSSL証明書が発行されます。
発行されたSSL証明書の属性に、組織情報が設定されません。個人による申請も可能です。

以下のSSL証明書が該当します。


OV(実在認証)

組織情報の審査を経てから発行されるSSL証明書です。

組織情報の審査や、認証局からのお電話確認後にSSL証明書が発行されます。
発行されるSSL証明書の属性に、組織情報が設定されます。サイト運営者なりすまし防止としても有効です。

以下のSSL証明書が該当します。


EV(EV認証)

実在認証(OV)よりも厳格な審査を経てから発行されます。
多くのブラウザでアドレス欄がグリーンになり、金融機関などでも広く採用されています。

以下のSSL証明書が該当します。



↑ 上へ 注文 検索